未知なる日常

 近所でどうやらスズメが、子育てをしているらしい。
 らしいと言うのは、巣のある場所は見えず、巣作りの時期に材料と思しきものを運ぶ姿や、最近聞こえるようになったヒナの声から推測しているから。
 
 ツバメの子育ては、よく見かけます。でも、スズメは…?そういえば見たことないのです。
 難しい学問や、遠くの歴史などであれば、「まだまだ知らないことばかり」と思うもの。それなら日常の生活圏には、もう未知なるものはないのでしょうか。

 スズメの巣作りや子育てを、自分はまだ知らないということが嬉しい。未知は身近なところにも、もっと沢山ありそう。
…と、綴っているうちに、ヒナは無事に巣立ちました。

画像ネタ元『円卓/西加奈子著』