カウンセラーのご紹介

カウンセラーのご紹介

京都市役所前カウンセリングルーム坪庭には、男性2名、女性1名のカウンセラーが在籍しています。


近藤真人 (代表)

経歴:大学院で臨床心理学を学んだ後、大学院で講師をし、院生の実習や付属相談室での相談業務などを担当していました。教育機関で教職員や学生を、また精神科に併設するカウンセリングルームで精神症状のある一般の方を対象とした臨床経験もあります。相談される方が些細なことでカウンセリングを受けるほどではないと思われるような困り事の背景に、より大きな人生のテーマが隠れていることがあります。相談される方のあらゆる可能性に心を傾けながら、温かく丁寧なカウンセリング心掛けたいと思っています。

資格:公認心理師臨床心理士
所属学会:日本心理臨床学会日本箱庭療法学会

加藤美帆

経歴:民間企業に勤務後、ストレスマネジメントや発達、母子の関係性に強い関心を持ち、専門的に一人一人のより良い人生を支援できるよう大学院で臨床心理学、発達心理学を学びました。小中高のスクールカウンセリング、乳幼児発達検査相談、精神科での心理検査・カウンセリングなどに従事しています。ストレス社会における自身の在り方などお一人お一人のニーズや気持ちをうかがいながら、話しやすい雰囲気を心がけてまいります。

資格:公認心理師、臨床心理士、アンガーマネジメント実践リーダー(AMJ)、睡眠健康指導士、BESJピラティス指導者 MBSR:Mindfulness Based Stress Reduction修了
所属学会:日本心理臨床学会、日本ストレスマネジメント学会、こども家族早期発達支援学会

南博貴

経歴:京都生まれ。認知行動療法に関心をもち、大学院では研修や学会への参加、アメリカ留学時に認知療法系の研究所でカウンセリングに触れるなどして研鑽を積みました。修了後は、精神科クリニックや、スクールソーシャルワーカーとして小学校、中学校、高校で勤務してまいりました。ストレスの多い現代社会において、立ち止まり、自分の気持ちを見つめたり整理したりするといった自分のための時間はとても大切だと考えています。カウンセリングではお一人お一人のお気持ち、価値観を尊重することを心がけ、安心できる時間となるよう意識しています。

資格:公認心理師、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士
所属学会:日本認知・行動療法学会



→「京都市役所前カウンセリングルーム坪庭:ホーム」に戻る