見えない心・見える身体

自分の心も相手の心も、見えないけれど、わたしとあなたの身体は、見える。もし、身体を見ることで、心も見ることが出来るとしたら、見えない心が少しわかるのだろうか?身体って、体型とか服装?

いえいえ、身体は行動するのです。
面白くて、息苦しいほど大笑いする。腹が立って、歯を噛み締め拳をにぎる。がっかりして、丸めた背中でとぼとぼ歩く。
こういう身体が表現しているのは、実は心。 虚ろな眼差しで、肩を落として座り込む身体を見て、「何か嬉しいことがあったんだな」と思う人はいないでしょう。

見えない心は「何かつらいことがあった」のを、姿勢や行動を通して教えてくれる。 自分の心も見えにくいけれど、身体を通して「実はね…」と、見える化してくれたりします。

一輪の花